2015年08月02日

韓国カトリック大学3

こんにちは。国際関係学部国際教養学科3年の野中侑奈です。
カトリック大学は6月末から8月末までと約2か月も夏休みがある中で
各自どんな生活をするかあらかじめ考えておき私たち日大生は時間を無駄にすることなく毎日を過ごしています。
カトリック大学の夏休み期間には、韓国語講座を前期に引き続き受けたい生徒が受けることができるものがあります。私は最初韓国語講座を受けようとしていたのですが、大学にある夏休みのプログラムで「GEO Summer Camp」という約4週間 短期英語集中講座がありました。私は韓国語を勉強していながら英語も勉強をしていたので、韓国人の友達をたくさんつくるチャンスにもなり、英語の講座に参加してよかったと思います。
私が4週間受けていた英語短期集中講座では、まず原則として寮内生活、GEOを受ける生徒といる間は1日中英語のみ使用すること。この決まりごとを守ることができない生徒はペナルティとして暗記カードを配られることになります。この英語のプログラムでは寮も全員そのプログラムを受ける人達が同じ階に集まっていて、一部屋ごとに一人ずつ外国人のTAがいて、あとは韓国人の生徒たちという部屋になっていました。一日中英語をひたすら話していると本当に日本語や韓国語を忘れてしまい、生活をしているうちに自然と英語が先に頭に思い浮かぶようになり、とても周りの友達やTAからも刺激を受けました。
4週間後の今、振り返ってみると、日本大学では体験できないことがたくさんあり、留学してよかったと改めて感じました。前期までは中国人や台湾人、アメリカ人の友達と一緒にいたのですが、半年でいなくなる友達も多く、今回は新しい韓国人の友達がたくさんでき、新たな生活が始まろうとしています。
残りの夏休みで日本に帰国する日本人の生徒もいれば、韓国でアルバイトをしながら生活する生徒や、旅行にほかの授業を受けていたりする生徒もいて皆様々な計画を立てています。
私は日本に帰国せず、残りの生活は韓国旅行と前期に習った韓国語の復習など勉強をしながら過ごしたいと思います。
大学の寮には夏休み期間でもお金を更新して払えば住むことはできるので寮に住みたい生徒は住み、
他の場所で生活したい生徒は、ゲストハウスを予約したりいろんな生活の仕方が夏休み期間だからこそ
あって、楽しい夏休みを送っております。
韓国の今年の梅雨は遅れているので天気が毎日あやふやで傘を持参することは欠かせません。
今まで多くの人に出会い、お互いに韓国で生活をしながら吸収しあうことができました。
10か月間の留学生活もそろそろ折り返し地点となりました。
これまで自分が学んで体験してきたことを後期に生かしていけるようにまた残りの生活の中で自分が今できることを考えあらかじめ計画を立てたいと思います。KakaoTalk_20150604_004851964.jpgカトリック大学に交換留学生として来ているアメリカ、メキシコ、オーストリア人の友達と慶州に旅行したときの写真です。貴重な一枚!もうこの写真に写っている友達は皆半年で卒業なので会うことができません。きっといつかまたどこかで会えるでしょう!!いつも私の拙い英語をなんとも思わなく一生懸命に聞いてくれた友達に本当にありがとうの気持ちでいっぱいです。
KakaoTalk_20150606_235822682.jpg
私はカトリック大学でテニス部に所属しています。この写真は夏休み前最後の練習試合の時に撮りました。
みんな韓国人の友達はやさしくて、分からないことがあっても丁寧にゆっくりと説明をしてくれるのでいつも助かります。
DSC01688.JPG
7月に行われた4週間の英語短期集中講座で同じクラスだった仲間たち。私のクラスはみんな英語力が上達していて、プレゼンテーションを一緒にする時も積極的に視聴者に語りかけたりと非常に楽しいクラスでした。

また、夏休み期間や後期に次回も更新していきたいと思います。
日大生も期末試験が終わり夏休みに入ったのではないでしょうか?
お互い暑さに負けないよう毎日水分補給を忘れずいい夏休みにしましょう。
posted by 日大国際留学生 at 15:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。